2016年9月28日水曜日

明日からフランス~ブログのお休み


 明日からフランスだというのに、いまも絶賛原稿中、という自分が、信じられない。

 9/29~10/10まで、ブログをお休みいたします。

 フランスのお土産話、ご期待ください。

 See you later alligator!

現代詩文庫『田野倉康一詩集』『広瀬大志詩集』刊行記念イベント開催


 現代詩文庫『田野倉康一詩集』、『広瀬大志詩集』が、ついに刊行!

 両詩集の刊行記念として、きたる10月29日の土曜日、本の街神田神保町の神田古書センターにて思潮社主催のイベントが開催されることになった。

 第一部は、田野倉さんや広瀬さんの詩やおふたりが若き日につくった伝説の同人誌「洗濯船」をめぐっての、若手詩人たちによるトーク。第二部は、田野倉さん、広瀬さんをはじめ「洗濯船」メンバーによるトーク、第三部はポエトリー・リーディングとのこと。
 豪華なメンバーになりそうです。詳細は思潮社公式ホームページをどうぞ。


 ぼくも、第一部のトークに司会で出演させていただきます。ちなみに、第一部のゲストは杉本真維子さん、伊藤浩子さん、高塚謙太郎さん、そして暁方ミセイさん。

 上写真、『田野倉康一詩集』がないのは、こちらも10月20日木曜日スタートの獨協大学「LUNCH POEMS@DOKKYO」の実行委員会に貸し出しているから。
 田野倉さんには、ことしの冬に、ランチポエムズにご出演いただくことになっています。もちろん、詳細は本ブログでもおってご紹介しますね。
 「LUNCH POEMS@DOKKYO」も、ぜひ、乞うご期待を。

2016年9月26日月曜日

新さんま


    
    ちょっとまえのこと。

    岩泉の方から、ことしも、新さんまを一箱いただいた。震災の翌々年から、毎年、欠かさずお送りくださる。

    ことしは、台風で大被害をうけたのにもかかわらず。

    まぶしいほど、きらきらの、さんま。

    刺身でいけるレベルだったけれど、ここは王道の塩焼でいただいた。

    ああ、もう。焼いても煮ても、かがやきをうしなわないはりのある皮、馨、味、すべてが、ぼくの知るさんまとはちがう。
   この新さんまにかなう魚が、はたしてフランスにあるでせうか。いいえ、ないはず   笑

    チーズとバケットの食事に飽きたら、みずからのブログの写真をなぐさめにしたいと思います。

2016年9月23日金曜日

旅行安全




    9月29日から10月10日まで招聘されて、フランスにいってきます。

    ところで、いまニューヨークでも問題になっているけれど、テロが欧州でも頻発している。そのことを安じた妻が、ちかくの武蔵野国一之宮、氷川さまで旅の安全を願いご祈祷をうけたいといいだした。

    台風が通過したあとの秋雨で、荒天だったが、拝殿でご祈祷をうける。
    建て直されたばかりの拝殿は、まあたらし杉の馨がして、清々としていた。たくさんの、七五三祝い。ぼくらは「旅行安全」を祈願したのだった。

    ご祈祷のあとは、久々に大宮の老舗の小レストラン「ハマチョー・カフェ」へ。ビールとミラノ風カツレツ。ランチコースは1400円なのに、前菜、メイン、デザート、ドリンクが、どれもけっこうなボリュームででる。
    高校生のころ、楽器店でバイトをしていたのだが、ここではじめて、仔羊のローストなるものを先輩にご馳走になった。当時はめずらしいイタリア大衆車、フィアット・パンダの後部座席にフェンダー・ベースとショート・ホープのカートンをいつもつんでたっけ。かっこいいひとだったなぁ。
    いまも個性的なお客さんがあつまるお店だけれど、絵描きに演劇人、バンドをやっている大人たちが、安くておいしいハマチョー・カフェによく来ていた。大宮モンパルナスがあるとすれば、ハマチョー・カフェだとぼくは思う。

    妻はご祈祷ですっきりしたらしく、もりもり食べていた。

2016年9月19日月曜日

赤阪友昭「passage to Haida Gwaii」展


    一昨年、大阪は福島区の「フォトギャラリー・サイ」にて、二人展をご一緒させていただいた写真家の赤阪友昭さんから、新個展のお知らせがとどく。

    「ハイダ・グワイへの道」とも訳せそうな、この個展。カナダのハイダ・グワイは、ことし没後二十年をむかえる写真家、星野道夫ゆかりの土地。9月23日から、フォトギャラリー・サイさんで開催の予定だそう。
    詳しくは、こちらを。


    この展示は、雑誌『coyote』の取材で撮影された作品がもとになっていて、東京でもおこなわれている一連のイベントと連動しているらしい。雑誌『coyote』の刊行イベントも、9月21日に池袋ジュンク堂で開催されるとの由。


    星野道夫の道を歩く、赤阪友昭。これはもう、運命としかいいようがない。

    なんにせよ、友さん、おめでとうございます!

2016年9月17日土曜日

見沼の秋




    夏のつかれがでたのか、たちのわるい風邪をひいてしまった。でも、フランスへ旅立つまえに詩の依頼を二本いただいており、緑茶を大量に飲みながら、原稿用紙にむかっていた。午前に一篇、午後に一篇。無事、赤ポストに、コトリ。

    夕方、そのまま散歩にでると、見沼の空は、秋。

    朝、通勤につかっている「桜回廊」を歩いていたら、ヤブカンゾウが群咲していた場所に、ツユクサがたくさん咲いていた。散歩者もいない早朝だったから、あたり一面に、ちいさな星屑のような花々の繊細な馨がみちていたっけ。

    ぶらぶら歩いていたら、たくさんのケイトウが咲いている。どなたの畑なのか。花の形も色もとりどりで、こんなにたくさんの種類のケイトウを見たのは、はじめて。

    間をおかず、彼岸花も咲くでしょう。

    春は足音、というけれど、秋は静かにやってきて、花をつぎつぎと咲かせては、魅せてくれる。

2016年9月14日水曜日

九月の骨董〜オランダの古タイル


      一九七〇年代のはじめ、詩人の安東次男氏は『芸術新潮』のもとめで『拾遺亦楽』という連載をしたことがあった。
    毎月、五万円の枠内で安東氏がジャンルを問わず骨董を贖い、その一品について文章と写真で紹介するというものだった。
   いま『拾遺亦楽』をひもとくと、そこには絵唐津とくり、だの、初期李朝の水滴、だのがならんでいる。当時の五万円。サラリーマンの初任給が約四万円だった時代なので、まあそれ以上ということ。日用のものであれば、たしかに、買えない額ではない。

     写真の十四世紀デルフトタイルは、招聘されてはじめていったアムステルダムのアンティーク店で買ったもの。

    日本にもときどき仕入れられるデルフトタイルやイギリスタイル。レンブラントの絵画にも登場するが、豪邸の台所や寝室に壁紙がわりにもちいられた装飾タイルで、ブルー・アンド・ホワイトが基本だけれど、多彩色のものもあります。西欧では、雑器で、色数が多いほうが価値があがるかな。勝見充男さんや坂田和實さんの本でもとりあげられているけれど、意匠としては、草絵など、紋章ものが多いですね。

    ぼくのデルフトタイルは、貴族か上流商人が縄跳びをしている遊びの情景。白デルフトのなめらかでやわらかい光沢、とろっとかけてある斑な釉調も好きですが、ブルーの釉薬でえがかれた線が、なんとも寂しくて、好感。西欧の美的感覚としてはめずらしく、空白をたっぷりとって、ちょっと東洋的な雰囲気があるというか。

    あと、薄いのもいいですね。西欧の古タイルは、大抵が、どっしりとぶ厚いので。チーズやサラミをのせたりと、ふだんのつかい勝手もいいのです。これまでいくつか古デルフトタイルを手にしたけれど、これが一番好きかな。
   いまの時季、初秋の光と寂しさを味わいたくて、壁にかけたり、ウィスキーのおつまみを盛ったりしています。

    七〇年代の五万円の価値はもとい、いまの五万円でもきついけれど、これから毎月、骨董とは名ばかりのガラクタを、恥をしのんで自己紹介できればと思います。
    いつまでつづくか、サイフの中身はだいぶ心許ないけれど。最近は、骨董やや市に、だいぶ足が遠のいてしまっているので、まあ、自分が骨董市に毎月通う口実には、なるかもしれません。